GW 那覇旅行

GWは家で大人しく勉強していようと思ったのですが、猫アレルギーが酷くなり長期休みに家にいるのが辛くなって来たので、どこかへ行こうと。
近場のビジネスホテルに泊まっても良いかなと思って予約していましたが、マイルを使ってどこかに行けないかなぁと思っていたら、那覇往復の予約が取れそう。
ただ行きは良いけど、帰りが7日しか空いていない。
休みは取れるが次週もクアラルンプール旅行で休む予定なので諦めかけましたが、5日の関空行きに空席があり、その先の伊丹→羽田は12000円で購入出来そうなので購入し、航空券を確保。
ホテルは結構高い。GWだから仕方ない。リゾートという訳ではないので、グランビュー沖縄を予約。3日は最後の一部屋でした。1泊7000円以下でした。
近くにスーパーユニオンやファーストフード店が沢山あって超便利そう。一駅行けばもっと大きなスーパーもあるみたい。
空港へもモノレールで3分。
関空と伊丹の乗り継ぎはバスの無料サービスがなくなり残念。ただプライオリティパスでぼてじゅうを味わえたら許せるかも。
1日も仕事帰りに那覇に飛ぶので、往復とも荷物を送ろうと。JALのサービスを利用すると往復で4000円とお得そう。
ホテルにプールのあるところだと気分転換にもなるけど。もし天気が良ければ、どこかのビーチに繰り出しても良いかなと。

星野リゾート 青森屋 元湯

八戸市へのお出掛けからの帰り道、三沢駅からの送迎バスが無くなり、歩いて帰ることに。
でも結構距離があるので、星野リゾート青森屋の敷地入口にある地元の方も利用する元湯の送迎バスを利用しようと駅からそれらしき方を目指して歩いたら3分くらいで到着。
中に入り係りの方にバスに乗れるか聞いたら、大丈夫で、すぐ来ますよと。その方がバスを見送りに来てくださり、既に元湯に入られましたか?と。
まだですと答えると是非どうぞと。
なので、ホテルの温泉をやめてバスに乗って行ってみました。
元湯とホテル間は夜は暗いので送迎バスの利用をお勧めします。
三沢駅からの送迎バスが無くなった後の利用もお勧めです。
♨️は全てのものが揃っているます。タオルとバスタオルを持って行けば大丈夫です。
ちょっとした畳の休憩場所、冷たい飲料水もあります。
泉質はホテルと同じとのことですが、元湯の方が源泉から近いのだとか。カランやシャワーから出るお湯も温泉水だそうで、豊富な湯量に驚きました。
青森屋に宿泊したら、ぜひ元湯にもお出掛け下さい。

青森屋から八戸へお出掛け

八戸市八戸駅八食センターにはホテル発10:30の送迎バスが無料で送ってくれます。宿泊者限定のサービスだそうです。申し込みがないと運航されないようなので、要予約です。
40分くらいで八戸駅に到着だそうです。
残念ながら帰りは夕方の便はなく、電車で三沢駅に来て、徒歩でホテルへ戻る事になりそう。
時間が合い元湯送迎のバスに乗れたらラッキーかも。
八戸では知人とランチ、夕食、スーパーでのお買い物をしてきます。
夕食は青森の郷土料理屋のほこるやで。
ただ、ここにきて洋食が恋しくなってきてます。
朝食は長芋のとろろが食べたいのでまた和食に。和食中心で飽きたかも。
明日の昼は三沢駅前の食堂でラーメンが食べたいな。煮干しだしのあっさりラーメンだと良いけど。

星野リゾート 青森屋 のれそれ食堂

1日だけのれそれ食堂のバイキングの夕食を付けました。
17:27分に入口に到着しましたが、行列ができていました。
今日は混んでいるので90分制だと。飲まないので長居はしません。

美味しかったのはステーキ、ホタテの貝焼、天ぷらです。ステーキは1人前が少しなので、何人前と言っていただくと良いです。タレはスタミナ源タレをお試し下さい。子供の頃の焼肉のたれと言えば、スタミナ源タレでした。

ホタテの貝焼は大きな貝柱で美味しかったです。蒸してある感じなので、生を焼いて食べたいですね。
バスで送ってくれる八食センターに行けば、お安く食べられると思います。

天ぷらは待ちが長くて勘弁して欲しいです。二人体制でやっても大変そうなのに一人でやっていてお気の毒でした。
海老は美味しかったけど、リンゴは?、姫ニンニクは食べなかったです。

デザートコーナーには豆しとぎと久寿良(?)餅もありました。
豆しとぎは枝豆と小麦(多分)で作った素朴であっさりした八戸(南部地方)のお菓子。昔は枝豆が取れる頃に露天商が売っていて、合成保存料が入っていないので、油断すると酸っぱい臭いがして腐ってました。モスグリーンのナマコみたいな形が普通です。

久寿良餅は浅虫のお菓子です。お取り寄せで食べるのとちと味が違いました。永井の久寿良餅が美味しいです。胡桃入りのういろうです。

アイス、ケーキ、果物も色々ありました。生っぽいものの売れいきはイマイチそうでした。地元の人が少ないのかも。私も食べなかったのですが😅。

飲み物は冷温のお茶、コーヒー以外は有料です。

同じところで毎日食べると飽きるかもしれません。

部屋に帰ったら作務衣から食べ物の臭いがして、予備に置いてあったものに着替えました。

それと、身欠きにしんと姫筍とフキの煮物を食べていたら、むせてしまって。
お水を取りに行ったら、小2と幼稚園生くらいの女児に先を越されて。
幼稚園生が汲み終わった時に、また咳が出ると思ったら、小2の子がお先にどうぞと言ってくれました。
で、幼稚園生が私の顔をどうしたのーという感じで覗き込んだら、小2の子が見ないのー!と小声で注意をしていました。
小さい子から見ると私はおばあちゃんだよなぁと自分の歳を再認識したけど、小さい子でも気遣いがちゃんと出来るんだととても嬉しい出来事でした。

星野リゾート 青森屋 朝食

朝食の食べ過ぎで眠い💤😭💤。
何が美味しかったかというと長芋のとろろです。醤油と刻み海苔を混ぜてご飯にかけて、ズルズルと(笑)。
イカの塩辛は中学生の頃に友人の(漁船の機関士が父の人)母が作ってくれた塩辛に比べたらイマイチ。イカが細く切ってあって...、もういいかなという感じ。
大根とニンジンの千切りにたらこを入れて煮た物は、昔母が作ってくれた物の方がずっと美味しかった気がします。
果物は蜜の入ったリンゴが美味しかったです。
種類は豊富で、誰でもそれなりに満足出来ると思います。

星野リゾート 青森屋 空気清浄機

加湿空気清浄機が設置してあり嬉しかったのですが...。
今朝要水補給のサインが出ていたので、タンクを取って洗面所へ。
水を入れながらよく見たら水が触れないところですが、黒く汚れていました。
中にはうちで使っているAg何とかという水を綺麗に保つ部品が付いていないし。
水を蒸発させるところはどうかなと見ると、受け皿も汚い。
10年フィルターを変えなくてよいと言われている製品ですが、加湿部分のお手入れは週に2回くらい必要です。そのくらいお手入れしても心配なので、うちは安い機種にして3年毎に買い換えています。フィルターを全て買い換えるとけっこうなお値段になるので、まぁいいかと。

一仕事したので朝食に行って来ます👋😃。

三沢空港到着 星野リゾート青森屋へ

羽田空港の滑走路が1本閉鎖されていたせいで、三沢空港へは20分遅れて到着。
荷物受け取り場所の外に青森屋の看板を持った方がいました。
お迎えの方のところに行くと、乗車者は私のみでした。
20分くらいで到着。
座ってリンゴジュースを飲みながらチェックインはなく、フロントで立ってチェックイン。
部屋への案内も無しでした。

部屋はえんつこ。写真の通りの綺麗な部屋でした。
部屋のお風呂はシャワーのみ。トイレは洗浄器付きです。
500ccのお水1本、カセットコーヒー、緑茶、ほうじ茶のティーバッグが1個ずつありました。
ホテルのクッキーが1個お茶請けにおいてありました。

冷蔵庫、空気清浄機、湯沸かしポット、作務衣、半纏、靴下、サンダル、下駄、歯ブラシ、櫛、ヒゲソリがありました。

温泉はヌルヌルでトロントロンとした感じです。

高額で泊まると残念感はあるかもですが、お手頃価格なら良い温泉宿かも。

囲炉裏ラウンジではコーヒー、ココア、お茶が無料で飲めます。ジュースはないです。

明日の朝食を楽しみに寝ます😌🌃💤。

連泊の場合に部屋の掃除不要だと売店で使える500円券が貰えます。安いのにさらに500円引きで申し訳ない感じです。
お茶等は補充分が紙袋に入ってドアノブにかけてくれるので便利です。