クアラルンプールちょい弾丸旅行

JALビジネスクラスのバーゲンチケットとマレーシア発券のエコノミーの組み合わせでの2回目の旅行にクアラルンプールに行って来ました。

行きはエコノミーの非常口席窓側。隣の半袖シャツのおじさんの腕がはみ出してきて...。
今回はエコノミー利用なので、入国審査に1時間掛かってしまった。前回はチラッと見ただけど、そんなに並んでいなかったのに。おまけに並ぶ列で30分以上の差が出ました。どうにかしてよって感じです。

KLIAexpressでセントラル駅へ。
オンラインで買うと10%引き。バーコード読み取り機は❌なところもあるので、駄目なら別の改札を使いましょう。

メリディアンのクラブルームを予約していたので、夕飯(?)タイムに間に合うかドキドキ。
30分は飲食出来そうと分かって安心。
KLIAセントラル駅を出たら、右斜め前の階段を上り、高速エスカレーターに乗るとあっという間にホテルのフロントへ。
クラブでチェックインしたいとパスポートを出して、クラブルームへエスコートして貰いました。
今回はスパークリングワインはないと言うので、ダイエットペプシ
メインはサテーでした。合計7本食べちゃいました。それに幅ひろ麺のカレーそばもとても美味しく頂きました。

次の日は朝から雷雨。早く目が覚めて朝食に。
外人さんから早起きだねとか雷凄いから寝てられなかった?とか言われ、適当に返事をし、オムレツを作って貰って、その他も食べて部屋へ。

今回はクラブレベルの部屋が混んでいるのか、追加料金なしで5階でも朝食OKとの案内があったので、10時に5階のレストランへ。
寿司があると誰かのブログにあったのですが、入れ物は空っぽで、追加する気はなさそう。
ガヤガヤとうるさいし、指定された席に戻ると誰か座っているし、スモークサーモンは無いしで、もう行くことは無いかも。

その後は部屋でゴロゴロ。

13時くらいにラウンジに行き、部屋の掃除を今して欲しいとお願いしてからサンドイッチと果物のランチ。

また部屋でゴロゴロして、帰り支度をして、シャワーを浴びて、夕飯にラウンジに。
今夜出発なので、席がないと困るので17:50にラウンジに行ったら、もう沢山の人が。

ムール貝とカレーそばを堪能してからチェックアウト。勿体無い気もするけど、2泊予約しているとゆったり出来るのが良いです。

KLIAexpressで空港へ。
新しいプラザプレミアムラウンジファーストは劇混み。夕飯を食べる日本人でモリモリ。ソファー席は少ないので、食事のみの利用が良いのかも。

帰りはビジネスクラス。1A。乗ってすぐ森伊蔵を買いたいと申し出て無事ゲット。

今回はとても揺れた。ずっとガタガタしていたような。なのでよく眠れず。でもエコノミーだと酔ったかも。

そのせいか朝食は殆んど食べれず。
もっと簡単なおにぎりボックスかサンドイッチボックスを到着1時間前にくれたらそれで良いのになぁ。

次回はフルーツミールが良いかな。

台北 圓山大飯店

圓山大飯店は2度目。
以前宿泊して部屋とバルコニーの広さが気に入って、立地の悪さは気にせずここに決めました。
デラックスルームと言うものの眺めはマウンテンビュー。
で、今回の2泊の内の一泊はHotels.comの特典で無料に。10泊したら1泊無料になるというプラグラムです。10泊の宿泊代の金額に合わせて無料宿泊の上限が決まります。
今回は101が見える部屋でした。ベットに寝ながら101が見えました。
隣は角部屋のスィートルーム。隣はホテルの正面と側面を使ったスイートで、マイルームは側面の隣でした。
眺めは良いけど以前泊まった部屋より狭かったです。
バスタブとシャワーは分かれてあり、シャワートイレでした。
シャンプーはリンスインではないのでゴワゴワになります。
浴衣擬きが有りましたが、縁がボロボロでガッカリ😖⤵️。
使い捨てスリッパは色違いで置いてあったので良かったです。
お水は2本無料。烏龍茶のティーバッグとインスタントコーヒーも無料です。
冷蔵庫内の飲料は高くて飲む気にはなりません。

屋外プールは50m。深いところは5m有ります。
プールはホテルが立っている山の下にあるので、歩くのが面倒な場合は定時の送迎バスで行くか、頼めばゴルフカートで送ってくれます。帰りもプールの受付で頼めばカートが迎えに来てくれます。
バスタオルとロッカーの鍵は受付で貸してくれます。水着の脱水機は有るけど、ビニール袋は見当たらず。
更衣室にはシャワー、給湯器、ドライヤー等々有りましたが、蚊と蜂がいたのが残念。
プールサイドにはバーもあるようです。
監視員が居ました。

昼食は金龍レストラン(?)へ。
飲茶がお手頃価格で食べられるのと窓からの台北の町並みが綺麗なので再訪したのですが、予約の時間に行っても待たされ、窓際で予約したのに内側のテーブルに通され、苦情を言っても「いっぱい!」と片言の日本語で言われ、料理もこんなもんだったっけと?いう感じで再々訪はなしです。

桃園空港空港へ行く場合は、バスが90元とお安いです。切符には100元と書いてあったけど。
同じバスに14名ぐらいの予約があったせいか乗客のいないバスが来ました。臨時便のせいかボロいバスでしたが。
桃園空港ではターミナルが2つあり、間違って別のターミナルに行ったら、台北に行く地下鉄で移動出来ます。ターミナル間のバスは地下鉄が動いている時間帯は運行していません。悠々カードがあれば無料です。持っていない場合は?です。

バニラエア 台北 弾丸旅行

何となく決めた台北旅行。

航空機はバニラエア。
リラックスシートや税金を入れても一人2万円くらい。
でもかなりの確率で荷物預け料金が取られそう。
以前は機内持ち込みが10キロだった気がしたけど、今回はバックとその他の荷物で7キロまでしか持ち込めないと。
チェックインの入り口のところでリュックにしかキャリーオンのシールを貼ってくれず、?と思っていたら、カウンターでリュックと荷物両方を秤に載せてと。
安心していたら何と8.2キロ!何か捨てる物はと聞かれて、捨てる水とかがあってそれをだしても7.4キロ。でもそれでOKでした。
同行者の荷物が少ないので、何か移せば大丈夫でしたが焦りました。
持つの面倒だけどレスポートサックのボストンバッグにレスポのショルダーが良いかも。
機内持ち込み荷物にシールを張って貰った後の計量はないので、免税品とかは買えるかも。

プレミアムエコノミー 最前列

成田空港に30分以上早く到着しました。
けど、NEXの始発は7:47なのでかなり待つことに。

通勤快速の逗子行きに乗るのが少し早いけど、通勤の皆さんのお邪魔になるし、今日は平日なのでグリーン車料金高いので、NEXを待つことに。

インボラのプレミアムエコノミーの最前列とても良かったです。
空港で席がアップグレードされてプレミアムエコノミーになったけど窓側ですと。
通路側はと聞いたら無いと。
一番前の席よと言うのでそれで良いかと。
結果的にとても良かったです。
ただ席は倒すとお尻がずり落ちてくるので、足のせ台を持参すべきだったなと。
倒れる角度が深いし、下腿を載せるフットレスト付き。足先まで載せられたらもっと快適かも。
それと機材が違っていました。ビジネスクラスはまっすぐの形。
来る時に乗りたかった。

空港でスーツケースを受け取ったら濡れていて、ぎょっとしましたが、臭いを嗅いでも無臭。
森さん無事でした。

クアラルンプール ルメリディアン ラウンジ ランチ

部屋の外をカートを引く音がしたので覗くとお掃除の方。
今から掃除して欲しい旨伝えて、ラウンジに勉強道具を持って移動。
まだ朝食中の方がいましたが、11時になると食べ物飲み物のあるところが閉められました。
コーヒー飲みながらと思ったけど...。

12時になると扉が開いて、冷蔵庫に手作りのコールスローが挟まったサンドイッチとロールケーキ、果物、クッキー、ヨーグルト等が提供されました。
だけど、冷蔵庫に裸のままのサンドイッチって。
パンもコールスローも美味しいのに勿体ない。

ラウンジには私以外誰も来ません。
皆さん、雨が上がったので観光に行かれたのでしょうか?

KLIA express(?)のセントラル駅からヒルトンとメリディアンに外に出ずに来る方法を発見しました。

到着した時に改札を出ると正面のエレベーターにホテル名が書いてありますし、改札を出て右斜め前に行くと階段が数段有りますが、すぐ高速エスカレーターに乗れて、室内経由でホテルの建物に入れます。
後は進んだ先にあるエレベーターで上まで行くと、ヒルトンとメリディアンの入口に分かれます。

クアラルンプール ルメリディアン ラウンジ 朝食

朝食の話の前に。
部屋に寝巻きがないです。海外だと普通かもですが、沖縄のホテルに泊まったばかりなのでうっかりしていました。
沖縄のホテルのパジャマと同じような生地のバスローブは有るんですけど(笑)。
荷物を少なくしようとし過ぎました。

さて朝食ですが、ラウンジの日曜日は6:30~ですが、7:00に行ったら日本人の女性(?)1人が来たばかりという感じで、他には食べ終わるまで誰も来ず。

エッグステーションでオムレツを作って貰ったのですが、それを食べるとかなりお腹が一杯に。残すのが嫌なら小さく作って貰うと良いかも。
私の好きなスモークサーモン、飲茶、麺、お粥等々ありました。

ただイマイチなのがサラダです。小さなグラスに入って冷蔵庫の中に置かれているけど、食べたいと思えない雰囲気。
温野菜は美味しく頂きました。

全体的には美味しく、いい感じの朝食でした。

インボラだけど。

明日の帰国便の予約確認をしたら、
「Involuntary regrade description」という文字が出てきて、予約内容確認が出来なくなっていました。

調べるとインボラの可能性もあると。

そうこうしているうちにwebチェックインの搭乗券が送られて来て、見るとプレエコにインボラに。

私は非常口席がとてもお気にいりなのですが...。嬉しいようでビジネスへのインボラじゃなくてがっかりという贅沢なことを思っている罰当たりな私。

プレエコには乗ったことが無いので、どんな感じか?です。