読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台北 24時間ブロイラー旅行

バニラエアで0時20分過ぎに桃園空港に到着。入国審査は長蛇の列。

両替所も長蛇の列なので、手持ちの台湾ドルで過ごそうと、そのままバス乗り場へ。

台北駅への1819(?)のチケット売り場も列。

あまり知らない会社だけど、1:10発の台北駅行きがあったので、ホテルの近くのMRT駅の隣の忠孝復興の駅迄行くことに。そこからは歩けるし、タクシーも拾えるだろうと。

渋滞もなく02:00くらいに忠孝復興駅に到着。バスの後ろにタクシーが居たので乗車したが、運転手さんがおじいさんで、ホテルの予約確認書の字が見えず。

いつもは行き先はあらかじめ紙に大きく書いて用意しているけど、今回はちょいと中国語が話せた(笑)人と一緒だったので、用意していなかった😰。

携帯電話で運転手さんが日本後通訳さんと話し、電話を変わったので、隣の駅で良いと言いつつ、紙にホテル名を書いて見せたら、無事到着。

宿泊したバンドームホテルは客引きのお兄さんがいるところを入って、右手にスタバを見、少し行くと左手にビルのエレベーターがあるので、12階のフロントへ。

部屋は前の記事の通り。

ここから24時間ブロイラーのスタート🎵

1. 折角だからと02:15に調べておいたホテルの斜め前にある24時間オープンの飲茶レストラン 京星港式飲茶Part 2へ。
マンゴープリン、亀ゼリー(黒いゼリー)、蝦焼売、海老の厚めの米粉シートでくるんで蒸した物を食べました。お値段は庶民的ではないです。

2. 07:30 ホテルで朝食 少な目に頂きました。

3. 08:30 ホテルから徒歩5分くらいのところにある老哥水煎包でキャベツ入り饅頭をテイクアウト。

4. 08:45 六津素包でむしぱんのプレーンをテイクアウトし、ホテルでキャベツ饅頭と一緒に頂きました。
f:id:toramomoshiro:20170508122652j:plain

5. 09:30 忠孝復興SOGOのディンタイフォンへ。腹ごなしの為にホテルから1駅歩こうと思ったけど、地下街への入口が閉まっていたので、MRTでお出掛け。9:45に到着。まだ受け付けもやっておらず。待つ人も数組のみ。
開店と同時に入店し。

前菜3種
f:id:toramomoshiro:20170506071335j:plain
2種はいつも頼むもの。茄子は新メニューでしたが、私たちの好みではなかったです。

他に蝦と豚肉の焼売、小籠包を注文しました。

6. 10:30にお土産を買いに地下のスーパーへ移動。マンゴーとグアバのカットフルーツ買ってホテルへ。このスーパーはお値段高め、斜め前のSOGOの方が庶民的値段の物があります。

7. 11:00 ホテルに戻る途中に玖公豆花で豆花をイートイン。私のトッピングの好みは芋団子と小豆。3種選べる場合は芋団子Wと小豆か芋団子に湯団(白玉団子)に小豆。60元。

13:00にランチと思ったのですが、お腹減らず、マッサージに。

8. 14:00でもランチは無理なので東區粉圓 Eastern Ice へ。ここでは豆花無しで、芋団子とカボチャ団子と小豆を冷たい蜜で食べました。


f:id:toramomoshiro:20170506203809j:plain

9. 17:00 ディンタイフォンf:id:toramomoshiro:20170506073522j:plain

f:id:toramomoshiro:20170506073544j:plain

f:id:toramomoshiro:20170506073551j:plain

10. 18:30 玖公豆花でいつもの豆花をテークアウトし、ホテルへ。

入浴し、帰る支度をし、昼寝をして、豆花を食べて、21:30にチェックアウトし、台北駅からバスで空港へ。MRTは乗り場が離れているとバスにしたけど、バス乗り場も少し歩きました。M2出口ですが、なかなか表示が無いのでM1目指して来ると向かい側にM2があります。

バニラエアのカウンターは5番ですが、同じく黄色のイメージカラーのセブパシフィックも5番なので、間違わずに並びましょう。

23時過ぎのセキュリティエリア後は店も開いておらず寂しい感じでした。

食べるところも買うところもないので、24時間ブロイラー旅行終了です。

ペットボトルのお茶や水は売り切れの自販機が多いので、見つけたら買っておくと良いし、入れ物があると搭乗待合室でお湯と水がいただける機械があります。