読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インボラ来たー❗

風邪が悪化し喉は痛いし、鼻水ズルズル。

ホテルの滞在時間を1時間10ユーロ払って延ばして貰い部屋でゴロゴロ。

暇なのでネットサーフィンしていたら、マリメッコ日本のサイトで、昨日ホテルの近くのマリメッコで見たワンピースが44800円で売られていた。

確かセールでちょっと高いかと諦めたもの。でも230ユーロが3割り引きだった気が。

だるい何て言ってられないと出掛けて160ユーロで購入。

税金が20ユーロ戻ったので、お得なお買い物が出来ました。

昨年、税金の還付で30分並んだので、早めに空港へ。

でも誰も並んでおらず。

JALのカウンターは14:45オープンと。

近くで待っていると係員のミーティングが始まり、エコノミークラスの2名は明日のエコノミークラスに移って貰うと。ビジネスクラスではなくエコノミークラスだと強調していた。頂けるお金は400ドル?くらいに聞こえた。

う~ん、明後日仕事入っているから駄目だわ!
働いていると美味しい話にありつけないと思って聞いていました。

でもチェックインしたら、今日はこちらの席をとビジネスクラスのチケットをくれました。

小声でやったーと言ったら、お姉さんは👍をしていました(笑)。

修行で掛かったお金の元が取れたかも。

気分が良くなって残っていたお金でゴディバを沢山購入。

ヨーロッパに来たらゴディバを買わねば(笑)。

フィンエアーのラウンジはイマイチでプライオリティパスのラウンジに移動。

こちらの方が落ち着きます。

マリメッコとイッタラ アウトレットショピング

今日も体調が悪いけど、マリメッコ本社のアウトレットにショッピングに。

中央駅から地下鉄と徒歩で25分くらいで到着。

洋服の生地を買うためにヘルシンキ旅行を計画していたのですが、安く仕立ててくれたお店が閉店してしまい、服をみたら結構安いので、既製品の服の買い物に変更。

50ユーロから125ユーロ迄合計6枚のお買い物。

今週末のプチパーティーに着ていく洋服も買えて一安心。

主賓はマリメッコ好きなので、着て行ったら気が付くかも。

まだ2枚のうちどちらにするかは決めていないけど、着るチャンスがあまり無さそうな派手な方にしようかなと(笑)。

マリメッコのバフェは混んでいたので、途中のマックで7ユーロ弱のビックマックセット。

海外はケチャップを自由に取れるところが良いですね。

午後はイッタラへ。服は免税手続きをしたので開けられず。あー、見たい(笑)。

イッタラに行ったけど、以前に比べてお得な物が少なくてガッカリ。

早々に退散して、再度マリメッコへ。

イッタッラのボウルを猫の水のみの1つに使っているのですが、他のは毎日2回手でこすって洗っているのに、よくよく見ると汚れが残ることがあるけど、イッタラには残ったことがありません。

表面のツルツル感が違うのかしらと思っています。

マリメッコではフィンランド独立記念の絵のマグカップと赤のウニッコのボウルを猫の水のみに購入しました。

正札のマグカップはギフトと言ったら、立派な紙袋と封をするシールを付けてくれました。

新作の模様が出ていました。落ち着いた感じで良いかも。

ヘルシンキからタリンへ日帰り旅行?

今日は7:30ヘルシンキ発のフェリーでタリンヘお出掛け。

ヘルシンキのウエストターミナル2から出航です。

ヘルシンキ中央駅前から9番のトラムで10分くらい。
5時半くらいからはトラムが動いているのでタクシーは必要なし。

ターミナルは新設されたのかとても綺麗。

ロビーで機械でチェックインし、搭乗券を受け取り、時間まで待って2階の待合室に上がります。

待合室にはカフェがあり、シナモンロールの匂いがプンプン。でも船内での朝食を予約しているので我慢です。

7:00少し前に乗船し、そのままブッフェレストランへ。

事前に買うと12ユーロ以下です。

f:id:toramomoshiro:20170320001346j:plain

ガラガラなのでゆったりと食事が出来ます。

繁忙期は船内で座るところを見つけるのが大変と言うので、予約をしておいて朝食をゆっくり取るのもお勧めです。

9:40くらいにタリンに到着したのですが、体調があまり良くないので、ターミナルの近くにあるらしいショッピングセンターで時間を潰してそのままターミナルへ戻ろうと考え向かったのですが、なんとそこは大規模工事中。

仕方ないので街でも見るかと歩き始めたら、ショッピングセンターの中にあるスーパーの袋を持った人を見かけたので、ぐるっと回ってみたら、スーパーと酒屋とカフェはやってました。

エストニア(タリン)は物価が安いので、ヘルシンキからお買い物に来る人が沢山います。

スーツケース持ったり、キャリーを持ったりで、ビール何箱も買っています。

船内も免税で安いので、来るときに船内での値段も要チェック。

私はタリンの街の絵が描いてあるばらまき用ウエハースを10袋とミルカのチョコクッキーを8袋購入。

f:id:toramomoshiro:20170320011959j:plain

黒パンも美味しいらしいのですが、重いし日持ちがしないので、今回は諦めました。
スモークサーモンとかのせると美味しいらしいです。

ヘルシンキも船内もタリンもレジ袋は有料です。

それなりの時間になったので、ターミナルに戻ってチェックイン機にバーコードをかざすもダメで、窓口に行くと、もうチェックインしているわよと。

ヘルシンキでチェックインした時に同時にされていたようですが、搭乗券は1枚しか取ってない、時間差で出てきたのかしら?

う~ん(-_-;)と思っていたら、搭乗券を発券してくれました。

ただこの帰りの船が問題でした。

もともとあまり観光する気持ちもなかったので12:30の船を予約していました。

でもこの船は3時間半も掛かるんですが、ゆっくりするから良いやと思っていました。

なんで時間が掛かるのか良くわからないのですが、食事やお酒をゆっくり楽しませる為にゆっくり航行しているのかしら。

で、この船は免税店もスーパーもレストランも大きくて良いのですが、自由に座れるスペースがとても少なく、コインロッカーもないんです。

荷物はどこに預けられるかを聞くと、客室の一部を荷物置き場にしているみたいなことを言ってました。

鍵の無いところに置けるわけもなく、座り心地の良さそうな椅子もなく、もう嫌だ!となってしまいました😅。

でも、この船は客室があるから客室を使わせて貰えるかもとインフォメーションで聞いたら、65ユーロで使えると。

高いけど11時半から4時迄使えるなら良いやと客室を用意して貰いました。

9階の窓付きの部屋でした。内側ならもう少し安いのかしら?

ベットは使って良いのか?なのでソファのままゴロゴロしていました。海もTVも見れるし、トイレも使えるので楽でした。

シャワーもあるけどタオルが無かった。

シャワーとトイレの床は一体なので、水きり用のワイパーが置いてありました。

夏ならタオルがあればシャワー浴びちゃうかも。

12時になったので、ブッフェに。

27ユーロくらいでワインとビール飲み放題付き。

f:id:toramomoshiro:20170320010047j:plain

朝とは違いキャビアとかお魚も色々ありましたが、あまり食欲わかずでしたが、タコスを見つけてテンションアップ、この後、アイスとコーヒーもいただき、コーラをがぶ飲みして終了。

朝食のバフェをセーブしておけば良かった😢。

その後船内のスーパーマーケットへ。

ここではチョコを10箱購入。たぶんこのチョコは船内が一番安いと思います。昨年、ストックホルムからヘルシンキに船で移動した時に発見し、今回も買うぞと決めていました。

f:id:toramomoshiro:20170320011114j:plain

その後は部屋でマッタリと。

ヘルシンキに到着後はトラムでホテルに戻るのですが、沢山の人が大荷物持ってトラムに乗ります。

第1ターミナルに到着し、絶対座って行きたい人は反対側に来たトラムに乗って第2ターミナルに行って乗車したまま回って来るのも良いかもです。

なんでそんなに乗り気じゃなさそうなタリンヘ今日行ったかというと、ヘルシンキ市内は日曜日には行きたいところがお休みだったり、開店時間が遅かったりするのを前回の旅で学んだからです。

さて、夕飯は無しと思っていたけど、何か買って来るか。
バフェでは美味しそうなケーキが無かったので、ケーキかな(笑)。

モントリオールからシカゴへの便が運休に。

7月のJALでのモントリオール旅行の航空券の予約記録が出てこなくなりました。

別途ご案内をとか書いてあったけど、さっぱり連絡が来ないし、同じ旅程を検索しても出てくる便が少なくなっていて不安なので、自分から電話してみました。

行きは乗継ぎ時間が長くなったとのこと。

帰りはアメリカン航空が便を減らしたので、当日モントリオール発ではシカゴ発成田行には乗り継げないとのこと。

バンクーバー乗り継ぎでと言われたけど、私は北米の大陸横断を国内線でするのは苦手です。

サービスは悪いし座席は狭いので、購入時から安く出ていたけどバンクーバー経由は選択しませんでした。

その旨伝えると、ニューヨーク経由とダラス経由を提案していただけました。

ニューヨーク線は羽田着も OKとの嬉しい提案が。

ただニューヨーク経由はラガーディアからJFKに自分で移動になるとのこととダラスは横断ではないけど国内線の距離はけっこうあるとのことでした。

シカゴへの便とJFKへの便を自分で購入しても良いかと探してはいましたが、良い便は見つからず。

結局ニューヨーク経由で羽田行きにとお願いしました。

そうしたら電話担当者から今度だけですよみたいに言われました。

大陸横断は苦手だからシカゴ経由の便を購入しているので、バンクーバー乗り継ぎは嫌だと言うのが、購入者側のゴネと取られるのでしょうか?
はーい(-o-)/と言ったけど、不愉快な気持ちになりました。

でもNYで5時間くらいあるので、リムジンをチャーターし、懐かしのポパイチキンとタコベル(オーランドで覚えた大好きなB級グルメ)、ホールフーズマーケット(もっと小さいスーパーでも👍)、マグノリアベーカリーを回って来ようかなとワクワクです。

こんな下心見透かされていたのかしら😅。

ヘルシンキにお買い物旅行

あっという間にヘルシンキ旅行が来てしまいました。

今日はパスポートを更新したばかりなので、機械でも出入国が出来るための手続きをしました。

手続き場所は他にもありますが、今回は成田空港第2ターミナルの搭乗手続きフロアの端にあるカウンターを利用。誰もやっておらず、すぐに手続き完了。
住所等を記入し、指紋を登録し、指紋認証がきちんと出来るかを確認して終了。

JGC用のカウンターにはだれも待っておらず、すぐに手続き終了。

ANAのセキュリティチェックのファーストレーン(トラック?)は長蛇の列でしたが、JALはガラガラでした。

出国審査もガラガラで普通にスタンプ貰ってしまいました😅。

が、サクララウンジが激混み。ダイニングエリアが満席で、階段の途中まで人が並んでいて、ガッカリ。サテライトのラウンジが工事中なので仕方ないのでしょうか。
この3連休を含めて工事をするのが信じられませんけど。

でも、入って直ぐにマッサージの予約をしたら、ギリギリセーフの時間の予約が出来ました。上半身しっかりやって貰いました。気持ちよくて窮屈な機内に行くのが嫌になりました。

飛行機は座席が変更出来ないくらい混んでいました。満席だったようです 。もちろんエコノミークラスです。

ランチはすき焼きご飯とパスタとチキンでした。すき焼きが食べたいけど、ご飯に汁が浸食していると嫌なのでパスタを選びました。パスタはかなり伸びていました。
到着前のスープストックのコーンシチューは美味でした。

今日は日本人ではない若いCAさんにちょっとびっくりしました。
席に座っている時に足の先を交差させたり、靴底の内側を上げてみたりしていました。時々少しハッとして戻すけど、直ぐに緩んじゃうようで。
日本人の若い女性のCAになりたいという気合いは感じずで。表情も作らなく、童顔なので実習生かと思いましたが、そんなわないですよね。

ヘルシンキでは私の前方にいた人たちはほとんど乗り継ぎの方へ消えて行きました。

入国審査場所へはかなり歩きましたが、ガラガラで
待たずに審査終了。

荷物はちょうど出てきて、出口を出て横断歩道を渡ったところにあるフィンシティバスでヘルシンキ中央駅へ。

市内へはバスが便利です。鉄道は奥まったところが駅なので、駅前広場を突っ切るのに時間が掛かります。ホリディインはホームのすぐそばなので電車でも良いかも。

7月のモントリオールへ

隔年に北米で開かれる会合が今年あるというのをすっかり忘れていた。

夏休み前だけど、航空券は結構お高め😢。

おまけに今回はモントリオールでの開催ということで、アメリカより高くなってしまう感じです。

仕事に関連する事ではあるけど、すべて自腹です。

職場に休みたい旨の話をしてないけど、航空券を購入しちゃいました。

ちょっと微妙な時期で休みたいとは言いづらいけど😅。

飛行機は勿論マイルがいっぱい貯まるJALです。

でもこれならフライオンポイントでも行けたのかもと。

でも1月に修行が終わっているからヘルシンキでもモントリオールでもマイルが沢山貯まる訳で、それも嬉しいかな。

ホテルは会場のすぐそば。7月オープンだけど、本当にオープン出来るのか心配。

会合の宿泊斡旋経由で取った方が良いか...。

修行のご褒美 2つ目 ポンタポイント

ふと、ポンタポイントのポイント数を確認したら、JALから15500ポイントが付与されていました。

1月にも2500ポイント頂いているので、計18000ポイントに。

上手にやれば1ポンタポイントは1JALマイルになるとどなたかのブログで拝見したような気がするのですが、待てないので、1ポイント0.5マイルで交換し、9000マイルになりました。

1月の50回搭乗修行で、JAL9000マイルとデルタ航空20000マイルがボーナスとしてゲット出来ました🎶。